ひらひら探検隊

hirax2.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 05日

オオルリシジミと戯れて

f0217445_22392275.jpg

6月1日 
南アルプスのクモツキに続いて翌日は東御市のオオルリシジミを観察に行きました。
この日は朝からどんどん気温が上がり午前中に30度を超えておりました。
オオルリシジミの観察したのは朝の8時位。もう少し遅かったら自分もチョウもバテバテだったことでしょう。この日はまた9時より親子観察会も行われており、沢山のカメラマンが来ており、中には小さな女の子が必死にカメラ片手にオオルリシジミを追っかけておりました。
とても微笑ましい光景で、将来自然保護活動に興味を持ってもらいたいと思いました。
それにしても、この地では初めてオオルリシジミを観察しましたが、素晴らしい環境で感動しました。
この場所は企業の敷地内にあり保護地となってることもあるのでしょうが、周囲の環境もとても良い雰囲気の場所で、地域全体の地元の自然への意識・配慮がしっかりされているのでしょう。
これからもこの素晴らしい環境を維持してもらいたいと思います。

さてオオルリシジミですが、沢山の個体を観察できました。
最盛期な感じで交尾写真も期待しましたが撮れませんでした。ではお気に入りの何枚かを紹介します。

f0217445_222155.jpg
f0217445_2221080.jpg
f0217445_2221749.jpg
f0217445_2222620.jpg
f0217445_22111864.jpg

産卵行動をするメス
f0217445_2214084.jpg

日光浴をする個体はこのポーズをとっている個体がとても多く感じました。
f0217445_22143221.jpg

f0217445_22171480.jpg

飛翔写真も撮ってみました
f0217445_22175113.jpg

f0217445_22181481.jpg

他のチョウでは前日にも撮りましたがウラギンヒョウモンが出たてで新鮮な個体が沢山いました。
f0217445_2221464.jpg

f0217445_2222943.jpg

色々と撮ってカメラマンも増えてきてとても暑くなりましたので移動することにしました。
帰路の途中の佐久穂町でたくさんのウスバシロチョウが飛んでいたので寄ってみました。
f0217445_22282944.jpg

ヒメシロチョウが居そうな雰囲気の場所でしたが見つけることは出来ませんでした。
他にトラフシジミやツマキチョウを撮って早めに帰宅の路につきました。
f0217445_22315614.jpg
f0217445_223272.jpg

この場所もまた別の時期に来てみたい面白そうなポイントでした。

さて今回はとても貴重な存在のオオルリシジミと戯れる事ができとても満足な遠征となりました。
今度は飯山市のオオルリシジミも観察してみたいと思います。
[PR]

by hirax2 | 2014-06-05 22:39


<< ミドリシジミに会いたくて      南アルプスにて クモマツマキチョウ >>