ひらひら探検隊

hirax2.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 24日

HAWAIIにて

まだまだ先の見えない大震災の状況だが、自分の出来る節電や物資節約を行ってる今日この頃です。

我が家は今年、2人の娘が大学と高校のダブル受験であって、この時期にようやく家族全員でゆっくり
出来るだろうと、早々から家族旅行を計画していた。ところがこの惨事に遭遇し、行こうか、キャンセル
しようか、随分迷ったが、これから先は部活やバイトやあれやこれやで、家族一緒の旅行も少なくなる
だろうし、出来る時に家族の絆を深めることが大事だと考え計画通り、HAWAIIへ行くことにした。

初めての羽田新国際空港から出発しハワイへ行くのだが、神奈川に住む者として随分と楽になった。
今回のハワイではダイヤモンドヘッド山頂へのサンライズトレッキングと入場制限されてる山を歩く
ジャングルツアーにオプションツアーを申し込んでいたので、とても健康的であり少しでも蝶の写真を
撮れるかと楽しみであった。

虹の掛かるワイキキの町並み
f0217445_2339218.jpg

ダイヤモンドヘッド山頂からサンライズを見るためには暗い内から歩き始め、最後に険しい階段が合計270段程続くのだ。
よって行ったのは自分と長女の2人だけであった(^^;
f0217445_2345543.jpg

残念ながら海から出る朝日とはならなかったが雲間から朝日が眩しかった。
f0217445_23502520.jpg

お次はジャングルトレッキングツアーです。
ワイキキに程近いタンタラスの丘の上の山中を歩くのだが、1日30名しか入ることが出来ない限定ツアーだそうだ。
早速ネイチャーガイドと一緒に歩き始めるも、ジャングルと名が付くツアーだけあって、木が生い茂る山道を
歩く感じだ。流石にこれでは蝶に会うことは難しそうな気配を感じた^^;
途中、ハワイ固有のカタツムリが保護されてるエリアで観察!
f0217445_23594569.jpg

途中、マウイ島固有種の白いハイビスカスを観察!コキオケオケオっていう名前らしい。
f0217445_025851.jpg

遠めでしか写真が撮れず残念。
f0217445_035231.jpg

途中の山道では天然のコーヒーが生育しておりコーヒー豆落ちてたり、ガヴァの実が落ちてたりです。
f0217445_06573.jpg

ようやく山頂に着き、開けた草地があったが風も強く蝶は見ませんでしたが、キリギリスの仲間がいました。
f0217445_09879.jpg

山頂からの景色は最高で、ダイヤモンドヘッドを上から見下ろします。
f0217445_010368.jpg

山を下り、少し開けた駐車スペースに付いたら背の高い植物の上をシジミチョウが飛んでいるのが見えた。
近くに行きよく見るとテリを張った♂同士がスクランブル発進している。いい所に止まってくれないが
1枚撮ったところでガイドさんが車に乗ってくださーいと、タイムアップ。団体行動なので仕方ない残念。
かなりトリミングしても分かり辛いが、きっとハワイ固有種のハワイアンブルーだと思ってます^^;
f0217445_0204291.jpg


結局、蝶らしいものはこれだけだったが、ハワイには蝶の数も少ないと聞いてたので仕方ないかな。
後日、マウイの北の田舎町に観光に行ったが、ここでは沢山の蝶が飛んでおり、場所を選べばそこそこ
いることが分かった。
f0217445_035269.jpg

一番多かったのが、モンシロチョウ。気温も高いのでずっと飛び続けており、飛翔写真だけとなった。
f0217445_0271323.jpg

次に目立ったのはオオカバマダラだが、高い位置を飛んでるし意外と早く良い写真が撮れなかった。
同じオレンジのヒョウモンドクチョウは意外と撮りやすかった。
f0217445_0301699.jpg

f0217445_030265.jpg

あとはキマダラセセリ?っぽいセセリチョウ
f0217445_0323467.jpg

f0217445_032457.jpg

キチョウも2種ほど確認した。
f0217445_0335411.jpg

妻や子供達にはここまで来てそんなに蝶ばかり追いかけなくてもと言われてしまうが、血が騒いでどうしようもない。
f0217445_040218.jpg

というわけであっという間に元気充電の4日間が終わり、厳しい現実の日本に帰ってきた。
実はホテルではずっとNHKを見ていた。日本が気になって仕方なかったのだ。
はやく元気な日本にもどってほしい。
[PR]

by hirax2 | 2011-03-24 00:17


<< 菜の花畑      被災地での一人でも多くの方の無... >>