2015年 07月 08日

関西遠征 ウスイロヒョウモンモドキなど

毎年行っている緑一師匠との遠征ですが、昨年は高山チョウがテーマで常念岳に登りタカネヒカゲなどを
撮ってきましたが、今年は師匠の地元である関西方面に出かけて、この時期撮れるウスイロヒョウモンモドキ
や未撮影ゼフィルスをテーマに遠征してきました。
7月3日、始発の新幹線で大阪に行き師匠と合流。そこから車で岡山県の某高原まで行き活動開始です。

先ずはウスイロヒョウモンモドキを湿地性草原のポイントで探します。
探し出してすぐに小さめのヒョウモンぽいチョウが飛び出し、すぐにウスイロヒョウモンモドキと判りました。
まだ出たてのようで新鮮な個体を沢山観察できました。
f0217445_21314680.jpg

f0217445_2133719.jpg
f0217445_21332759.jpg
f0217445_21334581.jpg

地面で吸水する個体もちらほら観察できました。(集団給水を見たかったのですが無理でしょうかね!)
f0217445_21362898.jpg
f0217445_21363719.jpg

この場所は、保護管理されている場所でありとても素晴らしい環境でした。しかし管理されてる方に
話を聞く限りでは、数は少なくなってきてると言われており、心配ですね。
それにしても、ウスイロヒョウモンモドキはコヒョウモンモドキとそっくりで見分けがつきませんね。
f0217445_21405132.jpg

この場所はウスイロヒョウモンモドキの他に新鮮なヒメシジミやウラギンヒョウモンなどが楽しませてくれました。
f0217445_21424894.jpg
f0217445_2143542.jpg

さて次は近くのカシワ林でゼフィルスを探してみました。
ちょうどハヤシミドリシジミの最盛期のようで、カシワの枝をペシペシすると沢山飛び出してきます。
何頭も下草に降りてきてくれてサービスしてくれました。
f0217445_21465852.jpg
f0217445_21471818.jpg

そしてとても美しい翅表を見せて大サービスです。
f0217445_21484860.jpg
f0217445_21494740.jpg
f0217445_21495718.jpg
f0217445_21501088.jpg

さて、そろそろ夕刻になり、隣接するキマルリのポイントへ移動してみました。
ほどなく1頭のキマルリが葉上に止まってるのを発見し証拠写真を撮り、待つもののその後
全くバトルが始まりません。どうも少し時期がずれてるのか、採集者に取り尽くされたのか?
残念ですが、キマルリは証拠写真のみ掲載します。
f0217445_21555244.jpg

キマルリを待つ中、多分間違いないと思いますがエゾミドリシジミがテリ張りをして時折バトルしておりました。
f0217445_21575010.jpg

というわけで、遠征一日目は目的も達成し、とても満足いく結果となりました。
翌日からのヒサマツミドリシジミの観察に備え、兵庫県日本海側に移動し、一杯やりながら作戦会議で盛り上がり、爆睡となりました  v(^^)v

次回、ヒサマツミドリシジミ観察につづく
[PR]

by hirax2 | 2015-07-08 22:05 | Comments(0)


<< 関西遠征 ヒサマツミドリシジミ      オオヒカゲ >>