2013年 05月 04日

ギフチョウを求めて 白馬へ

いやいや随分とブログ更新してなかったが、ようやく長ーい冬眠から覚めて活動を開始したひらひら探検隊です。
通常であれば神奈川でのギフチョウの観察から始動するのだが、今年は仕事が忙しく観察する暇もなくあっという間にGWになってしまった。
まあ、今年も焦らずマイペースでやっていこうと思う。

さて、今回は白馬村へヒメギフチョウとギフチョウをもとめて4月28日、29日に観察を行ったので報告いたします。

f0217445_791915.jpg

f0217445_7111283.jpg

28日は天気も快晴で桜は7分咲きといったところか。とても気持ちがよく、白馬の春を感じる。
f0217445_7155664.jpg

f0217445_716569.jpg

f0217445_7171044.jpg
f0217445_7172546.jpg

先ずはヒメギフに会えてほっとした。ヒメギフチョウの日光浴シーンから。
まだ新鮮な蝶が多く、もしかしたらギフチョウはまだ早かったかなと心配になる。
f0217445_7212226.jpg

f0217445_7213792.jpg

心配ご無用でした。ギフチョウがカタクリに止まってくれたので喜んでパシャパシャ!
でもかなりのスレ個体。2週間前位に羽化した個体でしょうかね。
f0217445_725361.jpg

ヒメギフ吸蜜(スミレ)
f0217445_7255595.jpg

f0217445_7261286.jpg

季節的にもカタクリが丁度良い感じで、今回はカタクリに止まってくれるヒメギフやギフチョウが色々と撮ることが出来、嬉しい1日となりました。
f0217445_7282855.jpg

コツバメも飛んでブルーの翅表がチラチラと春らしい雰囲気でした。

さて翌日は朝から白馬の山が日の出によってピンク色に染まる絵がどうしても撮りたくて早起きしました。2年前に来た時は5月の半ばですでに田んぼに水が張ってあり、その田んぼに写りこむ画が綺麗だったのですが、今回は田んぼに水が張って無く少し残念ですが、山は一瞬ピンクに染まり美しさに感動しました。
f0217445_736414.jpg
f0217445_7361598.jpg

日の出の空には飛行機雲がすーーっと何とも良い感じです。
ところがその後朝食を済ませ、空を見ると雲が空を覆い、太陽からの日差しが届きません。
予報では24℃位になるとの事でしたがこれでは気温も上がらず、当然蝶も飛びません。
晴れ間もあるのですが太陽が顔を出すまで野鳥など撮りながら待ちます。
この日は蝶鳥ウォッチングのyodaさん、蝶超天国のKontyさんともお会いでき一緒に撮影出来ました。
f0217445_7433659.jpg

この青い鳥はなんていう鳥でしょうかね。幸せの青い鳥になってくれるのかな?
と、ようやく11時半頃日差しが出て蝶も一気に飛び出します。
f0217445_7591024.jpg
f0217445_7595263.jpg

先ずこの日は新鮮なギフチョウが日光浴シーンを見せてくれました。
f0217445_823366.jpg
f0217445_825119.jpg
f0217445_831131.jpg
f0217445_83242.jpg
f0217445_834144.jpg

ヒメギフは今日も色々と撮ることが出来良かったのですが、ギフチョウはその後あまり飛びませんでした。
f0217445_8582.jpg

スジボソヤマキチョウの越冬個体飛翔
f0217445_854340.jpg
f0217445_855358.jpg

ヒメギフ飛翔も頑張って撮ってみました。
f0217445_865263.jpg

カタクリの下でヒメギフが絡んでましたが、交尾は成立せず。

という訳で、今日も沢山の蝶と触れあえて充実した白馬蝶行となりました。
今回もイエローバンドをひそかに楽しみにしておりましたが、残念ながら今回も会えませんでしたので楽しみはまた来年以降にお取り置きということになりました。
[PR]

by hirax2 | 2013-05-04 08:08 | Comments(8)
Commented by crysozeph at 2013-05-05 01:19
お久しぶりです。ギフ・ヒメギフの撮影、おめでとうございます!
結構ギフは擦れてますね。個体差はあるにせよ、ヒメギフの方が遅いとは思いませんでした。
11枚目の翅の裏が見えるカタクリでの吸蜜の写真の個体、前翅と後翅の前縁先のオレンジの紋が目立って奇麗ですね。
Commented by yoda-1 at 2013-05-05 18:17
当日久々でした。
言われていた山々の朝焼けが綺麗です。
太陽のある広角飛翔画像の中に蝶の伝道師も写っている感じがいいですね(笑)
この場にはやはりスジボソヤマキがいたのですか。YODAはキベリタテハの証拠画像をとりましたです。
また別の場所でお会いできるのを楽しみにしています。
(青い鳥は、オオルリという夏鳥で、こんなに大きく撮影できていてうらやましいです)
Commented by ダンダラ at 2013-05-06 19:20 x
充実した撮影行だったようですね、おめでとうございます。
白馬の雰囲気は本当に素晴らしいですよね。
カタクリもスミレもきれいな中でギフ・ヒメギフと戯れらて、うらやましい限りです。
Commented by hirax2 at 2013-05-06 22:33
crysozephさん 有難うございます。
ご無沙汰してます^^; 基本的にはヒメの方が遅いのでしょうが
初日に見たギフは暖かい日が続いた1-2週間前に羽化したのでしょう。
翌日は新鮮なギフが見られましたので、丁度ギフもヒメも一緒に楽しめてラッキーでした。
Commented by hirax2 at 2013-05-06 22:37
yodaさん 有難うございます
この朝焼けを見たくて泊まりで行ったようなもので・・・。
オオルリは綺麗な青色をしていて枯れ木の中でも目立ちますね。
思わずカメラを向けてしまいます。でも鳥の場合はもっと長いレンズが欲しくなりますので、欲張らず虫だけにしておきます。^^;
Commented by hirax2 at 2013-05-06 22:42
ダンダラさん 有難うございます
久しぶりにフィールドで思いっきり駆け回りギフとヒメギフを堪能できました。
やっぱり虫撮りは楽しいですね。
Commented by midori at 2013-05-08 23:24 x
久しぶりの撮影ですか?それにしては、出会いが盛り沢山でしたね。
羨ましい限りです。ギフ・ヒメギフ、更にカタクリ吸蜜シーンまで、ナイスショットです(*^_^*)。撮影開花ですね...!
Commented by hirax2 at 2013-05-12 22:50 x
midoriさん 有難うございます
そうなんです。随分冬眠してましたので久々のフィールドで
とても楽しかったです。色んな蝶にも会え、良かったですが
まだ少しリハビリが必要かもです^^;


<< アオバセセリなど      晩秋から初冬へ >>