2012年 04月 09日

コツバメなど

4月7日はそろそろギフチョウと思い神奈川のいつもの場所へ出かけた。
現地はすこぶる良い天気だが少し肌寒い。ギフチョウも出てくるか心配なところだ。
先ずはいつもの如くテングチョウがお出迎え!
少しいつもとは違った感じで撮ってみた。
f0217445_21491424.jpg

f0217445_21492526.jpg

f0217445_21493450.jpg

次に迎えてくれたのはコツバメだった。朝日が良く当たる場所にコツバメが数頭飛び交ってる。
すぐに草の上にとまり朝日に良く当たるように体を斜めにして日光浴だ。
この蝶は飛ぶ時以外はほとんど翅を開かない。翅を開いて日光浴する方が効率が良いと思うのだが・・・。
それに我々もその方が嬉しかったりするのだが・・・^^;
f0217445_21553313.jpg

f0217445_21554751.jpg

f0217445_2156198.jpg

f0217445_21561470.jpg

f0217445_21592470.jpg

コツバメは遠目にはとても地味な蝶であるが、近くでよく見ると結構美しい翅をしてるなあ。
最後に広角でも撮ってみたが、体が地面に張り付くように止まることが多く難しかった。
f0217445_2159669.jpg

さて、コツバメと遊んだのでそろそろギフチョウへと思い、山の上り口に来ると
昨年もここでお会いした蝶鳥ウォッチングのyodaさんご夫妻が居らっしゃいまして、一緒に上ることになりました。
登る途中で奥様がギフチョウを見つけるも、近づいた時には木の上に・・・残念!
頂上で飛来を待つも気配なし。その内曇ってきて風が冷たくなってきた。
下山して花への飛来を待ちたかったが、終いには雨も降ってきた。
ということで本日終了。下山したところで暖蝶寒鳥のごまさんとAkakokko's自然大好きのAkakokkoさんとお会いしたが、別のポイントにて随分ギフチョウを堪能されたようだ。
ギフチョウはお預けとなったが、楽しい山登りとなった。
[PR]

by hirax2 | 2012-04-09 22:18


<< 神奈川ギフチョウの吸蜜あれこれ      越冬明け >>