ひらひら探検隊

hirax2.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 02日

キマダラルリツバメ、ヒメシジミなど

今回は福島県で観察する時間がありましたのでそのレポートです。
丁度、キマダラルリツバメの時期でもあり、まだ見たことない種であるため目標をこの蝶としました。
ポイントにいく途中に面白そうな場所がありそこで少し散策してると、コロポックル讃歌
のclossianaさんと90%papillonのpapilaboさんが来られました。
はじめてお会いするのでご挨拶し、一緒に撮影することになりました。
初心者のhirax2に親切に色々と教えていただき、感謝いたします。
さて、お会いした場所ではゼフが卍巴をしておりました。
f0217445_10233488.jpg

葉の上でテリを張るゼフも撮れました。図鑑をみての同定は難しくメスアカミドリシジミと思いますが如何でしょうか?どうかコメントでご指摘下さい。
f0217445_10282286.jpg

f0217445_10284680.jpg

f0217445_1029397.jpg

その近くではヒメシジミもたくさんいました。
f0217445_1037264.jpg

よくみると少し斑紋が異常であったりする固体も結構みられました。
f0217445_10392996.jpg

これはキマルリのポイントですが、そこにもたくさんのヒメシジミの中、異常斑紋の雌と交尾してる固体です。
f0217445_10415310.jpg

シータテハも初撮影だったので載せておきます。
f0217445_10435466.jpg

さてキマルリのポイントに移動しほどなくいきなり新鮮な個体を発見! 感動のご対面です。^^)v
f0217445_1049275.jpg

そのポイントにはもう一人新潟からこられた撮影者がいらして、その方がおっしゃるには、
この個体は翅表に青のでない♂だそうです。hirax2は経験が無く雌雄判別がよくわかりません^^;
写真は上と同一個体です。
f0217445_10553886.jpg

さてその後は活動時間帯になったようで次々と飛来し、♂同士が凄いスピードでクルクルと卍巴をしながらテリを張ります。
f0217445_10594877.jpg

f0217445_11087.jpg

f0217445_1112076.jpg

キマルリの雌です。残念ながら今日は交尾シーンは見られませんでした。
f0217445_1124563.jpg

キマルリのいる風景
f0217445_114540.jpg

今回はclossianaさんとpapilaboさんと一緒に撮影ができとても充実したものになりました。
大変お世話になりました。また今後とも宜しくお願いします。
[PR]

by hirax2 | 2010-07-02 11:11 | Comments(20)
Commented by clossiana at 2010-07-02 18:15
昨日はお疲れ様でした。又初キマ撮影おめでとう御座居ます。とても素晴らしい写真が並んでいてびっくりしました。特にキマクロかもしれない個体をいきなり見つけられるとは強運ですね。私など最初の一頭を見つけるのに数年かかったのに。。いきなりキマクロかもしれない個体とは絶句です。今後ともよろしくお願い致します。それからリンクさせて下さい。昨日は色々とお世話になり、ありがとう御座居ました。
Commented by yoda-1 at 2010-07-02 21:23
キマルリ初見おめでとうございます。
やはり、ベストタイミングだったようですね。
最初にご紹介の黒いキマルリは、前翅外縁から後縁に至る
丸み具合、腹部の丸み具合から♀でいいと思います。
閉翅画像のミドリシジミは、後翅前縁付近にある短条紋などから、
メスアカで正解でしょう。
ただし、最初のバトル画像で、翅表の見えている個体は、前翅の
縁空きのなさからメスアカではなく、ジョウザンの可能性が高いような気がします。
ちょうど、ダブっている活動時間帯で主役の入れ替えがあったのではないでしょうか。
Commented by himeoo27 at 2010-07-02 21:40
キマダラルリツバメ撮影おめでとうございます。

ヒメシジミの斑紋異常個体のペアの交尾シーン綺麗ですね!この場所でもう少しヒメシジミを観察すべきだったと反省しきりです。
Commented by 緑一 at 2010-07-02 23:12 x
葉上に静止の個体は、後翅橙色紋への黒色の線の進入具合からメスアカと思われます。飛翔個体はyoda-1さんご指摘のように、CrysoではなくFavoniusのいずれか(オオ、エゾ、ジョウザン、ハヤシ)のように思われます。よく晴れた日が当たった環境では、CrysozephylusとFavoniusの構造色は全く違っているので、飛翔中でも光り方でわかるようになると思います。ヒメシジミの異常型、青色鱗粉なしのキマルリ本当に凄いです。びっくりです。私はクロキマ一度もであったことはありません(トラ型は何度かありますが)。私が普段見慣れている滋賀/京都/大阪/兵庫や中国地方のキマルリと全く顔が違っています。キマルリ地域ごとの変異があって面白い。キマルリ100市町村観察を目指そうかな。
Commented by papilabo at 2010-07-03 19:10
先日は楽しかったですね。初めてのキマルリをこんなに撮影できたなんて素晴らしいです。
これからもよろしくお願いいたします。リンクさせて下さいね。
Commented by hirax2 at 2010-07-03 22:01
clossianaさん 有難うございます。
先日は、こちらこそ途中から図々しく同行させて頂き有難う御座いました。
お陰でキマルリデビューできました。(^^)
また、どこかで色々とご指導のほど宜しくお願い申し上げます。
リンクこちらこそ宜しくお願いします。
Commented by hirax2 at 2010-07-03 22:11
yodaさん 有難うございます。
キマルリはベストタイミングだったとは思いますが、比べる経験がなくよく分かりません。^^;
結構たくさんの個体をみたのは間違いありません。
最初のキマルリはやはり雌ですかね。自分もそう思ってました。
それでも新鮮な個体をたくさん見られてラッキーでした。
Commented by hirax2 at 2010-07-03 22:13
ヒメオオさん 有難うございます。
この場所は、かなりの確率で異常な斑紋をもつ個体が発生する場所なのでしょうか。たくさん見られてラッキーでした。
Commented by hirax2 at 2010-07-03 22:19
papilaboさん 有難うございます。
先日は大変お世話になり本当に有難うございました。
たくさんの写真が撮れて楽しかったです。
papilaboさんの楽しそうに御熱心に撮られている姿が目に焼き付いております^^;
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
またリンクはこちらこそ宜しくお願い致します。
Commented by yoda-1 at 2010-07-03 22:33
シータテハの今期羽化の新鮮個体、ヒメシジミの斑紋異常体、
メスアカの画像、どれもうらやましい限りです。
キマルリ♂の黒化体はこの会津にもいるようですが、各種図鑑を
みると青色がわずかに残るか、その痕跡がある感じになるようでうす。
腹部の膨らみ具合や腹端形状の違いによる雌雄識別は、
慣れてくると有用になりますが、YODAの場合、
フィールドではなかなかそこまで認識できなくて、
後で画像でもみても迷う個体が残ります。
一般に、♀の腹端は横からみても上から見ても鋭く尖り、
♂の腹端はぶつ切りしたように幅を持つ感じになることが多いように思います。
Commented by hirax2 at 2010-07-03 23:14
緑一さん 有難うございましす。
キマルリも色んな顔があり面白そうですね。
またゼフの同定も有難う御座います。こちらも慣れるまで時間がかかりそうです。^^;
キマルリの雌雄判別の微妙なようで今回は雌なのでしょう。
まあ、色々とビギナーズラックな一日でした。

Commented by hirax2 at 2010-07-03 23:36
yodaさん なるほどですね~! 
雌の腹端は横からみても上から見ても鋭く尖り、
雄の腹端はぶつ切りしたように幅を持つ感じになることが多い!
勉強になりました。今度またよく観察してみます。
どうも有難うございました。
Commented by banyan10 at 2010-07-05 17:07
僕もキマクロの存在は知ったばかりで、自分が撮影した画像を見直して悩んだりしています。(^^;
いずれにしても雌の翅表は撮影機会が少ないので、最初に撮れるというのは強運だと思います。
Commented by hirax2 at 2010-07-05 21:23
banyanさん 有難う御座います。
ビギナーズラックという事で、私なんかキマルリ自体出合うのが初めてなので、オスだかメスだか、全然分からず撮ってます。
キマルリに会えた事だけで嬉しいhirax2でした。^^;
Commented by ダンダラ at 2010-07-09 19:00 x
キマルリ、撮影成功おめでとうございます。
雄雌で話題になっているようですが、キマルリの場合、♂と♀では裏面の模様が違いますから、注意してみればわかります。
この個体の場合は♀で良いようですね。
区別点は図鑑を参照してみてください。
今年はキマルリの撮影に行きそびれてしまいました。
雌雄ともきれいに撮影されていて羨ましいです。
Commented by hirax2 at 2010-07-10 02:16
ダンダラさん  有難う御座います。
そうですか。翅裏の模様も違うのですね。
よくみて違いを探して見ます。だた自分もってる図鑑で雌雄の写真掲載数が少なく、また地域変異も多そうですし、中々難しいそうです。
それゆえ先ずは図鑑を新調する努力もやらねば・・・です^^;
Commented by thecla at 2010-07-11 20:09 x
キマルリ初撮影おめでとうございます。
私は今年もキマルリを撮りはぐってしまっているのでちょっと羨ましいです。広角はこの地域の生息環境が良く表現できているのでないでしょうか。
Commented by hirax2 at 2010-07-11 22:00
theclaさん 有難うございます。
今回はキマルリの環境を勉強するだけでもいいかなと行ってみた
のですが、何頭も観察ができてとてもラッキーでした。^^)
来年も楽しみになりました。
Commented by yoda-1 at 2010-07-15 21:46
ダンダラさんの御指摘のように、学研・標準図鑑に♂♀の見分け方がp.88に掲載されていました。
こんな違いがあったのですね。
貴重な翅裏画像でした。
Commented by hirax2 at 2010-07-17 16:56
yodaさん 有難う御座います。
学研の標準図鑑、持ってませんので、本屋で先ずはチェックしてみます。
どんな違いなのか気になます。^^;


<< キタテハ、クロコノマチョウ、な...      オオヒカゲ初見 >>