2010年 06月 23日

新潟遠征(チョウセンアカシジミ&ウラキンシジミ)

6月20日(日) 
この日新潟は曇り空。雨が降らなければいいやっ、ということで妻と一緒に新潟までロングドライブです。
朝6時に出発し、現地10時半到着しました。(行きはヨイヨイ帰りは・・・^^; )

この日の目的は、未だ見たことないチョウセンアカシジミとウラキンシジミです。
1週間前、hirax2の師匠の緑一さんが、新潟へ先乗りしたもののチョウセンアカシジミは今年まだ発生していないようだったため不安でありました。
ポイントも分からないため、師匠に詳しい地図を描いてもらい、食樹のデワノトネリコもすぐに分かりました。 
食樹は農家の広い庭先にあり、先ずは庭での蝶撮影の許可を頂くのに挨拶すると、『見つかるといいね!』と
快く撮影許可を頂いて大変嬉しくなりました。理解のあるお方で感謝いたします。

いざ捜索開始! 妻と2人で探してるとすぐに葉に静止する新鮮なウラキンシジミを発見しました。

金色の地色にオレンジ色の紋が綺麗な初見となるウラキンシジミ
f0217445_021493.jpg

おとなしいので簡単に近づき接写が出来ました。
f0217445_021286.jpg

手を差し出すと乗ってきました^^)v 急いで妻を呼び撮影してもらいした。
f0217445_0113360.jpg


この場所では結局この個体だけしか見つけられず、20Kmほど離れた別のポイントに移動しました。
すぐに小さな林道脇に生えてるデワノトネリコをみつけ捜索開始!
意外にもすぐに葉上に静止するチョウセンアカシジミを発見しました。嬉しいー^^)v
f0217445_019327.jpg

実は恥ずかしいですが、さっき撮影した印象が強く、色合いも似てるので初めはウラキンかと思い撮影してました^^;
f0217445_0264249.jpg

次々と妻に見つけてもらい、助かりました^^; 2倍の目があると随分違います。
f0217445_0292125.jpg

なかなか翅は開きませんので翅裏撮影ばかりで、少し単調になりました。
f0217445_0322636.jpg

それでも希少種の初撮影が出来て大満足です!
f0217445_0352856.jpg

いつまでもこの蝶が見られる環境であってほしいものです。
f0217445_0383353.jpg


チョウセンアカシジミは数少ない各生息地で保護活動が盛んのようであるが、今回のポイントでは
特別な保護はされてなく、ネットマンはいなかったもののピンポイントな環境なので採集圧があると一気に
姿を消しそうな雰囲気を感じた。このまま環境が保たれることを願うばかりである。

帰りには新潟の地酒を買って渋滞の中、神奈川まで帰りました^^)
[PR]

by hirax2 | 2010-06-23 00:56


<< オオヒカゲ初見      ミドリシジミ@宇都宮 >>